So-net無料ブログ作成
検索選択
前の2件 | -

遠野遺産 第145号 卯子酉様(うねどりさま) [遠野市]

【遠野物語 拾遺第35話】昔ここに大きな淵があり、その主に願を掛けると男女の縁が

結ばれたという。 

現在は、神社内で赤い布を左手だけで結んで願を掛けると、恋が成就すると置き換えている。

御覧のとおり、境内は赤い布だらけである。

今や人気スポットとなり、この日も若い女性のグループが、目立っていた。

写真は平成19年当時と現在の写真を並べてみた。

平成19年当時の神社内は樹木で薄暗く、訪れる人も少なくひっそりとした場所であった

ように記憶している。

平成19年当時  

IMG_8015.JPGIMG_8025.JPGIMG_8021.JPG

現在

DSCN9024.JPGDSCN9038.JPGDSCN9034.JPGDSCN9030.JPG 

 


遠野遺産 第78号 羽黒堂と羽黒岩 [遠野市]

【遠野物語拾遺 第10話】大岩と松の木がおがり(成長)比べをしたと言う話が書かれている。

※1 おがるとは、岩手の方言で大きくなることの意。

ところが石の分際で木と競うなどけしからん、と言って天狗が怒って下駄で岩を蹴ったそうな。

それで大岩の頭は少し欠けているし、おがり比べに負けてごせ焼いて 、

自分で真っ二つに裂けたんだが。   ※2 ごせ焼くとは方言で怒る、すねる、の意

天狗の一本歯の高下駄が、入り口さあるよ~。

羽黒岩までの道のりは、鳥居から約500m程度だがかなり急こう配の暗い山林を抜けて

いく感じ。

何故ここに?と不思議だし、奇怪で得体が知れないこの独特の空気感や雰囲気が遠野の面白さ。

DSCN8842.JPGDSCN8844.JPGDSCN8892.JPGDSCN8852.JPGDSCN8856.JPGDSCN8887.JPG

羽黒堂と左側後方の大岩が羽黒岩 

DSCN8859.JPG

左右に大岩が割れている。 

DSCN8863.JPG 

DSCN8866.JPGDSCN8868.JPG

こちらの岩の割れは、天狗の下駄の一撃に違いない(笑) 

DSCN8869.JPG 

不思議で半端なく面白い遠野ワールド。

 

 


nice!(8)  トラックバック(0) 
前の2件 | -